コンテストは終了しました

陪審員

大成哲

現代日本の彫刻家

プラハ、チェコ共和国

大成哲はチェコ共和国プラハに住む現代日本の彫刻家です。ガラス、石、木など様々な素材を使った彫刻やインスタレーション作品を数カ国で展示。彫刻家でもある父親の影響を受け、幼い頃から芸術活動に携わってきました。このような背景から、昆虫、草、石、木など、人間以外の「もの」の本質的な価値と、それらが存在する空間との関係に取り組んでいます。

彼の目標は、「創造する」という行為がますます義務化されているように見える社会で、彼が使用する素材が人間の手によって変更されたときに発生する現象を提示することです。

彼の芸術作品とは別に、彼の活動は国際展示会、レジデンシー、国際コンペティション、または前述のアーティスティックコンペティションの審査員としての活動を中心としています。

AVイランゴ

イランゴのアートスペースディレクターと
確立されたアーティスト

チェンナイ、インド

AV Ilangoは、バンガロール出身の独学のアーティスト兼彫刻家です。。彼が田舎で育ったとき、イランゴはこれらの思い出を彼のアートワークに情報を与え、彼の豊かなカラーパレットに影響を与えるインスピレーションとして使用します。彼の作品は、日常生活の一部として提示されたインドのキャラクター、文化、宗教、儀式を描いています。人物とは別に、芸術家は最も身近なインドの動物である雄牛を研究してきました。そのモチーフは、原始的、民俗的、古典的なインドの芸術の不可欠な部分でした。アートワークは、エネルギーを示唆する角のあるブラシストロークでレンダリングされ、雄牛のエネルギーを反映しています。

AV Ilangoは、25年以上にわたってドローイングとペインティングを教えてきました。 3年前までは美術の授業でした。 2004年10月、彼はRdの623階にIlangoのArtspaceを立ち上げました。ストリート、アビラマプラン、チェンナイ600018。

このアートスペースは彼のスタジオであるだけでなく、小さな子供から大人まで、他の心の中で創造性を育む場所でもあります。目的は、非公式でパーソナライズされた雰囲気の中で考え、創造する行為を楽しみながら、視覚芸術で自分自身を表現するためのドローイングとペインティングのプロセスです。イランゴは次のように述べています。「アートはあなたを今にいることを可能にします。」彼は伝統的な教祖-shishya教育学を信じています。学習は、志願者の適性、感性、情熱に基づいてカスタマイズされています。 IlangoのArtspaceは、彼の指導の下でインドと海外で練習している若いアーティストを紹介しています。

コンテストの審査員になることに興味がある場合は、次のアドレスまでご連絡ください。 Asian@nyartcompetitions.com.

メーリングリストに参加する

フォントのサイズ変更
コントラスト